看護師になって良かったなと思う時

看護師になって良かったなと思う時

私は看護師になって良かったなと思う事が沢山あります。

忙しい毎日で良かったなと思う暇もなく次の仕事が待っていたりしますが、それでも日々嬉しい事や感動を覚えながら仕事をしています。

最近は、新人だった頃に比べて、嬉しい!楽しい!感動する!といった感情が薄れているかなと思う事があります。

新人の頃は、ちょっとした患者さんの一言だったり、患者さんが回復している姿に感動したり、嬉しく思ったものですが、経験を積むほどにフレッシュな気持ちがなくなっているなと反省しています。

私は看護師になって良かった!と思うのは、自分の日々の経験が生かせた時です。

例えばプライベートで、家族の病気や介護などで、自分が患者さんの家族の立場になった時に、病人を持つ家族ってこんな風に感じるのか、こんな言葉掛けが安心するんだと身をもって体験して、それを仕事に生かす事が出来ます。

自分がされて嬉しい事や嫌な事は、色々な方に当てはめて考える事が出来ます。

私は母が病気になってしまい、介護が必要になりました。

病気を持つ方の家族は、常に心境が変化するし、医療者の小さな一言に安心したり不快に思ったり神経質になってしまうと思います。

こう言う気持ちは家族が病気にならなければ分からない事ですし、その経験が仕事に生かせて、看護師をしていて良かったと思う所でもあります。

もちろん患者さんが回復していく所を見たり、退院するのを見るのも嬉しい事ですね。

2016年7月 9日|